不動産証券化の基礎知識

現在では、いろいろな投資法が編み出されています。特に今では企業などではなく、個人投資家が積極的にマーケットに参入するようになってきています。
今までは金融商品でも、現実的にはお金を動かすことに重きが置かれていました。しかし最近では、資産を証券化するという動きが活発になってきています。その一環として、不動産証券化というものがあるわけです。

不動産証券化というのは、文字通り不動産関係の資産を証券化する行為のことを言います。不動産を一種の投資の対象とするわけです。
しかも証券化された不動産については、細かく細分化をします。このため、証券1単位当たりが小口化します。ですから、個人投資家のような人々も参加することができ、不動産証券化によって、より参加できる人々のすそ野を広げることができます。

不動産証券化のメリットとして、高利回りを期待することができるということが挙げられます。特に最近の金融商品を見ると、押し並べて金利が低金利に設定されている場合が多いようです。ですからなかなか資産運用を効率的に行うことができないという問題がありました。
不動産を証券化することによって、不動産市場というのは固定することが多かったのが、流動化させることができます。このため、投資信託や金銭信託、匿名組合といったところがこぞって仕掛けを始めています。

不動産証券化にはいくつかの種類があります。不動産の投資運用について信託する方法があります。
また私募ファンドという形式で不動産証券化をしているケースもあります。さらには商業用の不動産で組み込まれているローンを証券化して販売しているケースもあります。いろいろな形式で不動産証券化は活発に行われています。